ビットコイン価格が直近で高値を越えられるのか

ビットコイン11%超安、中国がマイニング・取引の取り締まり表明

[ニューヨーク/ロンドン 21日 ロイター] – 21日の取引で、暗号資産(仮想通貨)のビットコインが午後に下げ幅を拡大し、11%を超える下落となった。中国の金融安定発展委員会が金融リスク防止・管理に向け、ビットコインのマイニングや取引を取り締まる方針を表明したことが嫌気された。

金融安定発展委は、規制を強化する必要がある資産としてビットコインを挙げた。

ビットコインは11.59%安の3万5928ドル。アジア時間やロンドン時間ではおおむね4万ドル台を維持していた。

ビットコインは4月中旬に付けた約6万5000ドルの最高値から約45%下落。今週は約28%安となっている。

中国政府がビットコインのマイニングを明確に規制の対象としたのは今回が初めて。

金融アプリケーションのオープンプラットフォームを提供するアバラボの社長、ジョン・ウー氏は「今回の発表には具体的な内容がないため、中国政府の措置が実際どのような影響を与えるのか予想するのは難しい」とした上で、「とはいえ、今回の発表はビットコインのマイニングが中国政府の意向に大きく左右されるリスクを明示している」と述べた。

イーサも約15%安の2339ドル。

ロイター https://jp.reuters.com/article/crypto-currency-idJPKCN2D2251

ここで市場関係者の多くが気になっているのは、ビットコインの今後の価格推移ではないでしょうか?このことについて、当社が毎週行っているニコ生では、番組の最後に、アイリンクインベストメント代表取締役岩本壮一郎より、次のようなコメントが発せられました。

「来週、最も注目すべきは、ビットコインの価格推移です。理由は、これまで株式市場に与える影響も軽微でしたが、先週のように無視できなくなりつつあります。それは、世界の中央銀行が行っている金融緩和によって、バブル化している象徴が仮想通貨で、ここが萎むようなことがあれば、他の金融商品への影響は避けれれない。一方で、萎むものがあれば、膨らむものもあるということを留意すべきじゃないか」というニュアンスのコメントです。

週末に、お時間がある方は、是非ご視聴のうえYoutubeのチャンネル登録をしてください!

おっと、博多筋さん、動画見ましたよ!

いまや、動画でも言ったけど、仮想通貨が株式市場に与える影響も無視できなくなってきたよね!
しかも、既に、ビットコインはダイヤモンドフォーメーション出現した後だし・・・

何でしょうダイヤモンドフォーマンションって???

まずはこれを見て欲しい

これをダイヤモンドフォーメーションっていうんですか???

開設をざっと説明すると以下の通りだ!

ダイヤモンド・フォーメーションはそう頻繁に出現するものではないので,この形を見極めるにはある程度チャートを見る目に熟練が必要かもしれない。相場の天井に出現するケースがほとんどとされているようだが,もちろん相場の流れの途中に現れることもある。天井に出やすいという意味では,「ダブル・トップ」や「ヘッド・アンド・ショルダー」の変形と言えなくもないが,ネックラインの線引きが確定できない点がそれらと根本的に違う。また,見方によってはダイヤモンドを真ん中で二つに割った左と右半分にある二つの三角形から構成されているとも言えよう。左半分は拡大する三角形で,右半分は先で収束する三角形だ。

相場がダイヤモンドを破ったあとのターゲットは,図に示したようにブレイク・ポイント(点線丸印)からダイヤモンドの最大幅に等しい値幅分だけ下げた水準。実際にはターゲットを通過してしまうケースが多いようである。三角保合いを二度経た相場と考えれば,もみ合いの中で蓄えられたエネルギーがそれだけ強いということで,ダイヤモンドのブレイクと同時に一気に市場の力が噴出されるのだろう。

引用元:http://www.forexwatcher.com/pattern/diamond.htm

なるほど、これはガチガチに相場の転換サインってことですね!?

需給面ではそういうことだ。
これが、中国規制材料の出たビットコインに出ているんだから、まぁそれは、需給要因と外部要因のバブル鉄板天井かもしれない。
チャートはこれだ

まぁ、上に貼ったニコ生のアーカーブ動画を見ていただくと分かるが・・・

まさかの言われたその日の晩に中国のビットコインをはじめとした仮想通貨に対する規制強化って、ビックリでした!
香港にも規制って思惑が出ているみたいで、これは根が深そうですね・・・

先週、中国の仮想通貨取引への規制に続いて、21日にはマイニングまで規制するという高官の発言で、ビットコインを筆頭に仮想通貨全体が急落となったようだね!

一体、どんな思惑でそんな規制をするんでしょうか???

大きく2つあるんじゃないかな?

その2つを詳しく教えてくださいっ!

まず、ひとつ目に、「ビットコインのマイニングや取引を取り締まることで、リスクが社会に拡散するのを阻止する」という目的があるんじゃないかな?

でも、そんなに国が規制しなくても、リスクがあるってみんな知っているんじゃないですか???

う~ん、そうかな~???
日本国内でも仮想通貨の売買を積極的にやっている投機家って、そもそもあまり投資を熟知していない人が多いように思うけどなぁ。

でも自己責任だし、規制する必要ってあるんでしょうか???

そもそも仮想通貨投資の基本は、「相対取引」だし、そもそもそこに熱狂しても、結果はブローカー優位ってことに気づいていない素人が多いことが問題じゃないのかな???

何でしょう?
その「相対取引だからブローカー優位」って詳しく知りたいのですが・・・

カンタンに言うとね、仮想通貨の場合、「A取引所、B取引所、C取引所」の価格は基本的にバラバラだろう???

確かに、ビットフライヤー、コインチェックなど、取引所によって同じタイミングでも価格差がありますよね

そうそう、その取引所ごとに違う、つまり相対取引であるということだから、これが最大の仮想通貨取引が主流化しない要因じゃないかな?

えっ?どういうことなんでしょうか?

X君が仮に、その取引所側(販売所)だったとして、どうやったら儲けが出るだろう???
顧客がビットコインを売って、また円に換金するときを想像してみて欲しい

えっ?
それって、もしかしてFXのDD方式と似ていますか???

おっと、いい事に気づいたね!ここからは、無料メールマガジンに詳細は書くよ!公開場のココじゃぁね~、、、

仮想通貨の相対取引について、無料メールマガジンで読みますんね!

今、仮想通貨取引をしている人には、このような基本的なことも理解していないくて、熱狂的になっている投機家も多いように思う。

ありがとうございます!
次に、もう一つの要因って何なんでしょうか???

やっぱり通貨発行権の覇権争いじゃないかな

それは何となく理解で出来ます。
中国も、デジタル人民元を普及させたいと思っているからですよね?

まぁ、そんなうんちくよりも、日本国内の投資家の一番の関心ごとは、「仮想通貨は再度高値を抜けるのか」と、「仮想通貨が株式市場に与える影響」のふたつじゃないのかな。

博多筋さん、そう!それ!そのふたつです!!!

まぁ、まず一つ目の「仮想通貨は再度高値を抜けるのか」については、目先すぐに抜けることは厳しいだろうと見ている

マジっすか???

今、市場で話題になっているのは当然、中国の規制で市場規模が縮小することだろう。
そして、もうひとつ、需給面で戻り待ちの売りがあまりに多すぎる状況が目の前にあって、大口の機関投資家が買いを入れることは、「出資している投資家に説明がつかないために出来ない」という現実問題が目の前にある。

確かにそうですよね~

ここで、チャートを著作権の関係上貼ることはできないのだが、仮想通貨市場からのキャッシュアウト(資金流出)は、13カ月ぶりの指標をマークしているしね。

もう一つ、「仮想通貨が市場に与える影響」って何なんでしょう???

仮想通貨で、先々週話題にもなったが、「柴犬コイン」の話は分かるかな???

あっ、4カ月で100倍になって、時価総額10兆超えて、その後に急落した暗号通貨ですよね?

そもそも、資産の裏付けもなく、どこかで決済利用が出来るわけでもなく、10兆円を超える価値というのは、バブル以外で説明がつかない状況だったんだが、ようやく市場が少し愚かさに気付いているということじゃないかな。

でも、仮想通貨は世の中を変える思っている人は多いと思うんですよ!

おいおい、X君、わたしは仮想通貨そのものを否定しているわけじゃないんだ。しかし、今、国家や通貨種類を上回る3000種類のコインがずっと永遠に存在しうるとは到底思わないから、その他の無価値コインは、そのまま無価値になって当然になるだろうね!

えっ???3000種類もあるんですか???

仮想通貨が国家が発行する通貨を、「発行体の思惑だ」と否定するけど、そもそも3000種類の通貨がすべて生き残ることはないだろうね!

確かに、せめてドル、ユーロ、ポンド、円、元・・・
まぁ、10仮想通貨くらいですね・・・・

だからこそ気になるのは、その2990種類くらいが無価値になる方向に動き出したときの世界のその他の金融資産への影響だよね~

想像したら、ちょっと怖いですよね・・・

まぁ、16世紀に起こったチューリップバブル崩壊の比じゃないかもしれないよね!特に、株式市場や、その他金融市場への影響には気を付けたいもので、ドカン急落があれば、再びまた安値で買うものも出てくるだろうね!

とりあえず、中国の不気味な仮想通貨規制でいったんは落ち着いているように思うので、逃げてまた次に備える時なんでしょうね!

仮想通貨取引をされてきた方で、賢く株式投資をいまから始めようという方は、ネット証券なのに、アイエルアイパートナーズのプロが相談に乗ってくれるSBI証券のハイブリットな口座をお勧めしておくぞ!

また、何ですか?それって?
博多筋さんは、アイリンクインベストメント以外に、アイエルアイパートナーズのオーナーでもあるんですね!?

普通にSBI証券口座を開いても、ネット証券だから相談はできないが、このわたしが会社オーナーをしているアイエルアイパートナーズSBI証券口座は、相談が出来るというツワモノなんだ!

僕は既にSBI口座を持っているので・・・

全国で600万人が既にSBI口座を持っているが、持っている方も、アイエルアイパートナーズ口座に変更可能だから、平日昼間に、会社に電話してはどうだろうか?

0120-15-8888

そんな裏技的なこと知っている人って少ないように思いますよ!

確かに、まだ1500口座くらいしか知らないって超プレミアムだよね!

ところで、博多筋さん、月曜日からの買い銘柄、売り銘柄で何か面白そうな銘柄とかないのですか???

おっ、来週は兎にも角にも仮想通貨や外部要因で左右されやすい菅子湯になるから、特に個別色が強まるんじゃないかな?

具体的にどんな銘柄を???

じゃ、最後に、土日更新ブログということで、ズバッとブログランキングの説明文に銘柄名を掲載しておく!是非ブログランキングを見ていて欲しい!

ブログランキング説明文見ました!ありがとうございます!
てか、ランキング1位奪還ですね!!!

では皆さん、よい週末を~!

ソフトバンクG株 ブラックロック5%報告の裏話

[東京 19日 ロイター] – 米資産運用大手ブラックロックが、ソフトバンクグループの株式5.15%を保有していることが明らかになった。ブラックロックが19日、関東財務局に大量保有報告書を提出した。保有目的は純投資としている。報告義務発生日は14日。

ロイター https://jp.reuters.com/article/softbankg-blackrock-idJPKCN2D016V

ブラックロックの5%報告報道は、ソフトバンクG株を買っているわけではない?

5月19日、米ブラックロック社が提出した5%報告について、Twitter界隈では、「米ファンドが買いっている!」「今は押し目だ!」「買いだ買いだ!」といった投稿が散見されました。しかし、その多くの方は、なぜ5%報告義務が発生したのか気づいていないように思います。そこで、本件について、社内の会話をブログ形式で紹介します。これは、読み物です(笑)

ブログランキングに書かれている空売り注目株みましたよ!先日の仮想通貨暴落前のマネックスGの空売りに続き、凄いですねっ!
この新しく書かれている銘柄も、チャートを見ると、凄く上値が重くなりそうですね!

投資助言の顧問料をまずは、市場からしっかり獲得して欲しいという想いで、ブログランキングに日々の注目銘柄を書いているので、まずはしっかり利益を狙ってほしい!

ところ、話は変わるんですが、ソフトバンクGに、米ブラックロックが5%報告を出したので、需給がひっ迫思惑などで上げそうって分析であっていますか?

おっと、ブラックロックが、ソフトバンクG株の株式5.15%を保有で、5月14日付届出義務発生、19日に財務局に提出された5%報告のことかな?

この水準で結構買っているってことは、これから凄いことになりそうですね!

ちょっと待った!俺は直近で買っていたとは思わないぞ!

何を言っているんですか?大量保有5%報告が出たんですよ!

「大量保有5%報告=直近で買った」というわけじゃないこともあるということを知っていたほうがいいぞ!

どういうことですか???

これは、あくまで保有割合だろう?
だから、全体的に、総株数が消却により減ったときに、結果として5%超えちゃった報告も、この5%報告が出てくることになるんだぞ!

なるほど!確かにそうですね!

下記の数字を見ると分かりやすいかもしれない

自己株式消却株数発行済み株総数
3月31日20億8981万4330株
5月11日3億4088万220株17億4893万4130株
5月19日2598万400株17億2295万3730株

うわっ!こんなに株式を消却しているんですか???つまり新規で買っていたわけではないってこと???

そうそう、自社株買いをして買った株を消却したから、総株数が減ったということ。
ただ、売買なしで保有数の変動がない場合は報告を出す必要はないが、今になって、一気に5%以上買ったというわけじゃないだろうね!

保有数の変動は、日々のトレーディングの中で出た可能性か・・・
なるほど。

大方は、大量保有の5%の計算の分母が小さくなったということだろうね!

でも、Twitter上では、いろんな方がポジティブコメントを書いていましたよ!

ネット上の反応(この分母のことを知らずに書かれているのかも)

こんな投稿がTwitterには多かったみたいだけど、この分母のことを気づいていなかったのかな?

少し前にステルスMBOとか話題になっていたけど、前期末比で17%を超える株式を消却している分で、分母減ったから、そりゃ「5%超えちゃった報告」も出てくるだろうね

普通にそういうことなんですね!わかりやすい解説ありがとうございました!

昨日夕方に、ジャイアントタダがブログ更新をしていたが、今後は、学べる、シェアをしたくなる豆知識から、相場で勝つために必要な心理のはなし、プロして長年の経験測からの分析などガッツリ更新していくぞ!

ところで、昨日の無料メールマガジンで、何か凄いキャンペーンをするって告知していかったですか???

先日、野村證券が投資助言ビジネスに参入するって報道が出ていただろう?
実は、この業界、まじめに機関投資家と渡り合えるレベルで情報提供している会社って本当に少なくて、今回の野村の参入には期待しているんだ

いやいや、うちの競合でしょ???期待しているんですか???

そりゃ、大きなマーケットになるだろうし、早速、証券会社の役員などからも多数ビジネス相談が来ているんだ
しかし、現状、粗悪な新参業者も多いようで、コレをぶった斬るキャンペーンを行う予定だ!

確かに、最近はじめたばっかりの投資助言会社とか、胡散臭いところも多いですよね。入会問い合わせの時に、他社利用者が多いように思いいます。
でも、他社ともめることだけは・・・・

ブログを新調し、ランキング最下位からの再スタートで、ようやく3日目にランキング6位まで上がったが、月内にランキング1位を奪還して、「投資助言他社から乗り換えキャンペーン」と、「はじめての投資助言キャンペーン」の2本を同時開催だ!

結局やっちゃうんですね!

「結局やっちゃう」でK「結局」Y「やっちゃ」だ!

やっぱり他社としっかり比較して、こんな助言会社もあるんだということを是非とも知って欲しいと考えているんだ!だから、まずは、この週末にブログランキング1位奪還だ!

個人投資家のために、みんなで頑張りましょう!!!

今日は、週末だから17時からニコ生も放送するし、場中には株式情報コース顧客に先週のマネックスGの空売りに続く、短期利幅取り売り助言を入れる予定だ!
ガッツリ頑張ろう!また、無料メールマガジンにもまだ登録していない方は、登録をしていて欲しいと思う!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無料メルマガバナー-1.png