カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2016年01月02日

年末年始の特別ブログ その2 日本のバブル編

バナー


o0213008612910568316



国土の狭い日本は、売買できる土地が限られており経済が上向くにつれて土地の値段が上がっていくという土地神話を皆が信じたし、銀行も土地神話によって上昇する不動産を担保に喜んで資金を貸し付けました

top_img01


企業はまず自社の土地や建物を担保にお金を借りて、土地を買います。

今度はその土地を担保にまたお金を借り、また土地を買うというのを繰り返しました。→Blogranking 265



銀行は、土地を担保に資金を貸し付けるわけですが、土地の値段が下がった場合に備えて7掛け辺りで当初は貸し付けていました。

企業側が1億の土地を購入した場合、その7割にあたる7000万円を貸し付け、1億の土地が2億になったら今度はそれを売って、2億円で土地を買いその7割の1億4000万を貸し付ける。

そういうのを繰り返していました。

土地さえあれば、お金がどんどん借りられたわけです。

しかも調子に乗って、土地の価値以上の資金を貸し付けるようになりました。多く貸せばそれだけ、利息収入が増えるし、土地の値段は高騰を続けていたから値下がりリスクに鈍感になっていたのです。

また当時は銀行特有の会計ルール(BIS規制)なかったため、銀行はほぼ無限大に貸し出し(信用創造)を増やすことができました。→Blogranking 265



616b78da524fe04be9629c36a88f1684


そのため、バブルを拡大させる下地を大いに作ることができたのです。

同時に株式ブームの火付け役としてNTT株の上場が挙げられます。

当時電電公社という名で、電話事業を独占していたものの一向にサービスの向上が見られませんでした。そのため、民営化してもっとライバルを作ることで競争原理を働かせてみてはどうか?ということになりました。そして、85年に日本電信電話株式会社(NTT)が発足します。民間の株式会社となったことで、NTTは資金調達として株を新規に発行します。1986年にまず、政府保有の195万株を一般市民に向けて売り出した所、買い手が大量に付き一株119万円という値がつきました。証券会社の販促キャンペーンやCMなどでバンバン紹介され、しかも抽選に当たった人だけが買えるというプレミア感満載の超人気株となったのです。1987年に上場し、抽選に外れた人の買い注文が殺到し上場初日から株価はどんどん上がり318万円まで上昇し短期間で200万円も上昇してしまいました。→Blogranking 265



50



その結果、これまで株をやったことのなかった人も株を買えば儲かるという幻想を抱くようになったわけです。そして、空前の株バブルが始まります。土地の値段は上がる、株式の値段は上がる。そうなると人々の気持ちは、大きくなっていろいろな買い物をしてしまいます。(これを資産効果と呼びます)含み益が出た状況が続くと実際に利益確定をしてお金を得たわけではないけれど、お金持ちになったような気分になり消費が活性化するのです。そうしてどんどん景気が良くなっていきました。

img_0



人々のサイフからお金が出て行き貨幣の流通速度の上昇が高まりました。会社の利益も膨らみ、ボーナス支給が増えたり、経費を落とす金額も大きくなりました。経費で利用された多くが接待でした。ゴルフや、クラブでの飲食、タクシーチケットなどの活用と、とにかくお金が循環しました。ゴルフ場は儲かるし、クラブも儲かる、タクシー会社も儲かります。そして、彼らもまた消費を活性化させました。本当にこの世の春を謳歌していたのです。→Blogranking 265



e0206240_21573817



ですが、さすがに物価高が続き不満の声が上がるようになったのです。→Blogranking 265



この続きは明日発表します。


ブログランキングクリックお願いします!明日への励みになります

aaaa




バナー



cpiblog01561 at 12:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索