カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2015年07月29日

空売り比率は過去最大??

o0213008612910568316


kara



空売り比率が依然高いままとなっています。
業種別で見ると、鉱業、繊維製品、ゴム製品、鉄鋼、海運40%を超える数値となっており、空売り指数の比率を押し上げていることがわかります。

karauri


データから想定されることとしては、これらの業種がマーケットがリスクオンになった際に買い戻しの動きが鮮明になるかと思います。

海運指数に関しては、バルチック指数が大きくリバウンドしており出遅れ銘柄として一気に上昇する可能性もあるかもしれません。

TPPが大詰めを迎えていること、原油価格が下落してメリットを受けることなどを考慮すると海運株の恩恵は大きいのかもしれません。

ただし、トピックスや日経平均に与える影響は大きくないと思いますが。。

さて、本日はFOMCの結果が注目されます。

o0369011113379247087


FRBスタッフが誤って内部の情報を表に出してしまったことで、すでにFRBの利上げスケジュールが表に出てきています。

そこで、9月の利上げ説がマーケットでも濃厚となってきています。
ですが、米産業界がドル利上げに賛成するでしょうか?

ドル高となれば、米産業界はドル高による競争力が失われてしまいます。
そうなると、いくら景気がいいから!という理由で金利を引き上げても、ドル高の影響で経済失速という流れが想定されます。

そのため、産業界は引き続きドル高には反対ですし、利上げすべきでないという声が大きいです。

dorudaka


米フォードも、GMも決算が良好で「ドル高」が業績を逼迫させていないことが明らかになっており、中国経済が軟調だから利上げしない、国内景気の力強さが足りないから利上げしない、という言い訳は実は効果がないのかもしれません。

年内の利上げは規定路線で先延ばしという選択はないのかもしれませんね。
本日のFOMCでそのヒントが掴めるかどうか?注目です!

本日の注目レンジは、
上値が20※※※
下値が20※※※


と考えています。
FOMCの結果で、ドルが動いて相場に方向性が出るのかもしれませんね

明日は、FOMC後のドル円相場から先物がどう動くか分析します!!


注目レンジに関してはブログランキングに掲載していますので、ぜひチッェクしてみてください!
※※※※に関してはブログランキングに掲載しています

2


薄商いの中での急動意も予想される中、225常勝軍団を試されてみてはいかがでしょう?
まずは10日間全額返金クーリングオフ制度でお試しから

↓↓↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓↓↓

225_03

cpiblog01561 at 17:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索