カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2015年05月11日

方向感の出難い日

名称未設定-3


本日の日経平均は横ばいの動きに終始し、250円のギャップアップ後は特に目立った動きがありませんでした。

東芝とシャープがストップ安となるなど、銘柄毎に売り込まれる銘柄が目立つなどアベノミクス相場でこれまで見られなかった変化が見られますが、日経平均寄与度の大きい銘柄の大幅下落でないと日経平均に与える影響も小さいため、東芝とシャープの下落はマーケットにあまり影響を与えませんでした。

2銘柄の下落で、6円にも満たない下落寄与であり、オリンパスの下落寄与度とさほど変わりません。

そして、ファストリ、ファナック、京セラ、東京エレクの4銘柄で100円近くの上昇寄与となっている今の算出方法では、家電銘柄が日経平均に与える影響はほぼ皆無と認めるしかないように思います。

本日はギリシャを救済するのかどうか?
ECBの財務省会合が予定されています。

vix


リスク先行度を示すVIX指数の動向は、12のラインが岩盤となっており、過去半年間の動きではレンジの動きに固執しています。

先日の雇用統計を受けて下にギャップを空けて下落していることから、リスク先行の動きが強まったと判断できるかと思います。

反対に本日のNYのオープンまでの欧州時間でギリシャに対してネガティブ報道となれば、VIX指数もギャップアップとなるでしょうから、その場合は離れ小島的な底を指し示すシグナルとなり得ます。

一番わかりやすいのは、岩盤の12を割り込み、最大限にリスク取りの動きに出る米国投資家の動きに追随すること。

本日の値動きである程度の方向性が出てくると思いますので、それまでは様子見

仮に下に振れた時の一時的なリバウンドの節目は、※※だと思います。

※※に関してはブログランキングに掲載しています。
2


aaaa



今ならば10日間全額返金クーリングオフ制度を利用できます。

1.この期間に助言内容だけまずは確認 → 2.納得出来ないならばクーリングオフ

この方法なら確認だけで実際に取引を行いませんので、資金を減らすことなくサービス内容が確認できます。まずは体験してみては!?

↓↓↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓↓↓

225_01




cpiblog01561 at 17:05│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索