カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2015年02月25日

ダウ平均も高値更新、ナスダックも!

o0213008612910568316



これまで、ダウ平均はQE1を2008年12月開始、2010年11月QE2開始、2011年9月ツイストオペ開始、2012年9月QE3開始となり、2014年1月からテーパリングをスタートさせ、2014年10月にテーパリングを終了しました。

米国の緩和策はこれで終わったことになり、現在その出口を探ろうとしているところです。
昨日のイエレン発言では、当面の間は金利の上昇を見込む可能性が後退し、金利引き上げがないならリスクをとって株に資金を突っ込んだほうがいいということで、株高に繋がっています。
jujuju


これまで、相場の急落局面でマーケットに促されるようにQEならびにツイストオペなどの緩和策を取ってきました。その結果、株高が継続していくというのがマーケットの常識でした。


ですが、2014年1月からテーパリングが行われ、量的緩和の規模はだんだんと小さくなるなか、それでも株価上昇が続いていました。そして、テーパリングが終了した今でも米国市場の株高は継続し、再度史上最高値を更新しています。

この背景には、日銀の緩和や欧州の量的緩和の影響がありますが、それでもかなりすごいことになります。
ナスダックの株式利回りは4.76%となっておりPERでは21倍程度です。

PERが21倍ということは、投資家は、今の利益水準が継続すれば、21年で投資が回収できることになりますが、成長期待で買われるナスダック市場にとっては、まずまずの水準なのではないでしょうか?

また、株式益利回りは1/21=4.76%であることから、現在低利で回っている国債利回り2%前後であることを考えると、リスクプレミアムは2.7%ほどありますのでまだ適正水準といえます。

バブルとはナスダックも言えず、同様にダウ平均もまだバブルともいえません。
jujujujuju


このまま株高に繋がるようりも一度大きな調整を期待したいところですが、押し目待ちに押し目なし状態となっており、アノマリー通りの2015年株高が継続しています。

ここでいうアノマリーとは何なのか?
その答えはブログランキングに掲載しています



さて、今日は特別に225常勝軍団コースサービスをご紹介します


【会員専用のプレミアム投資情報掲示板】

5



・225常勝軍団コースは、こんな方に非常にお勧めのサービスです!!

■今日のデイトレの投資戦略が欲しい!!

■日経先物の節目となる価格帯が知りたい!!

■金融プロフェッショナル専用のリアルタイム緊急速報が知りたい!!

■マーケットのプロによる分析情報、コラムが欲しい!


名称未設定-4


では、今後の相場の超重要ポイントをブログランキングに掲載しておきます!!

ブログランキングに重要情報は掲載中!!!!!!

ブログrnnkinngu




などなど、ふと気になった疑問に何でもすぐにおこたえ致します

ヘルプデスクは、他社にはない大好評のサービスですので、ぜひお試し下さい

それでは、明日も頑張っていきましょう〜


バナー2

cpiblog01561 at 17:03│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索