カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2014年09月11日

スコットランド独立

スコットランド独立となるとどうなるのか?


<ゴールドマン・サックス>

独立が決まった場合、短期的にはスコットランド・英国経済に「深刻な悪影響」が及ぶ可能性がある。

長期的には、独立後のスコットランドが繁栄できない理由はない。小さい国のほうが豊か、もしくは貧しいとは一概に言えない。

独立後のスコットランドがポンドを維持できるか不透明なため、英国が「EMU(経済通貨同盟)型の通貨危機」に見舞われるリスクがある。 →Blogranking 265



<シティ>

ポンド売りを「今週の取引」に。独立が決まれば、1ポンド=1.56ドル以下までポンド安が進む可能性。

ユーロ圏債務危機の記憶がまだ新しく、(独立が決まり)通貨同盟が結成されれば、ユーロが売られたような形で、ポンドが売られるリスクがある。

スコットランド独立で、英国が数年以内にEUを離脱する可能性が高まると懸念。


<モルガン・スタンレー>

独立が決まれば、ポンドが10%下落する可能性。 →Blogranking 265



モルガン・スタンレーは早くから、スコットランドが英国の公的債務のうち自らの負担分を引き継がない可能性を指摘していた。

スコットランドがEU加盟を拒否され、その後、英国も2017年の国民投票でEU離脱を決める可能性を懸念。


米系の予想は上記のような展開

<ドイツ銀行>

警戒すべきだ。独立が決まった場合、莫大な影響が出る。対応準備ができていないとの焦りで、影響はさらに広がるだろう。英経済が回復軌道をあっけなく外れる可能性がある。

銀行システムが危機的状況になり、混乱を生む恐れもある。混乱が少ない場合でも、新しい財政・金融の枠組みが決まるまでは、不安定な通貨同盟という形が続くリスクがある。

独立賛成派が勢いを増しているのは間違いない。 →Blogranking 265




<UBS>

独立が決まった場合、数日以内にスコットランドから預金が流出する「重大なリスク」がある。

投資家の間で、通貨問題、欧州連合(EU)加盟の有無、今後のスコットランドの経済政策に対する懸念が浮上し、海外・英国企業からスコットランドへの投資が減る恐れがある。

スコットランドが債務の返済を拒否した場合も、英国の純債務の対国内総生産(GDP)比率の上昇は「比較的わずか」とみられる。機能不全に陥る通貨統合を避けるためには、支払う価値のある代償となる可能性がある。


<バークレイズ>

独立が決まった場合、英中銀の利上げが難しくなる。「金融分断のリスクが欧州全体」に広がる可能性も。

債務交渉や北海油田を巡る交渉がボラティリティーの拡大につながるリスク。

金融機関は、独立後のスコットランドへの融資に上乗せ金利を要求する可能性が高い。 →Blogranking 265




<ソシエテ・ジェネラル>

独立が決まれば、英国のEU離脱の可能性も大幅に高まる。それに伴い、潜在成長率が最大で年0.5%押し下げられる可能性がある。

独立が決まれば、ポンドは対ドルで最大5%下落する可能性。

<BNPパリバ>

新たな通貨協定への移行は複雑な手続きを伴う。「ポンド化」や固定相場制では、スコットランドの金利に上昇圧力がかかるとみられる。

スコットランド債の利回りは、独立交渉の展開次第で、AAA格の英国債を50━150ベーシスポイント(bp)上回る可能性。
→Blogranking 265




欧州系は上記のような分析


アイリンクは、スコットランドの歴史から分析します。

名称未設定-10


もともと、兌換紙幣のルーツはスコットランドであり、フランスに、政府紙幣という概念を持ち込みました。
フランスはその政府紙幣の発行で、当時の不況を克服しましたが、それも持ったのは4年だけ

その後は大きく経済がしぼみ、その結果、フランスからはバンクという名前がはずれています。

現在、スコットランドでは貨幣の問題をどうするか?という点に注目が向かっていますが、過去の歴史を鑑みれば、スコットランドが政府紙幣の発行に踏み切ってもおかしくはないのかなと考えています。

実際の動きをみなきゃわかりませんが、ロンドンシティにも影響が及ぶでしょうから延長線上に、ユーロ離脱の動き、それに伴うユーロの瓦解、なんてのも想定しておかなきゃならないのでしょう。

同時に、そんなことになればもともとオフショアの仕組みを作ったのもスコットランドと言われてますから、オフショア、タックスヘイブン、ユーロダラーの繋がりなどから結構大きな問題に発展しそうな気もします。



225説明



入会の詳しい情報はコチラ↓

↓↓↓↓↓お申込みはこちら↓↓↓↓↓

225_01




アイリンクの特徴


〇情報だけじゃない
o0150015012558000270


〇発信だけじゃない
o0150015012558000272


〇投入だけじゃない
o0150015012558000269


〇買い建てだけじゃない
o0150015012558000271


〇株式だけじゃない
o0150015012558000276


〇やさしいだけじゃない
o0150015012558000397



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


o0150015012558008495o0150015012558008498o0150015012558008496o0150015012558008497o0150015012558008504o0150015012558008643














cpiblog01561 at 18:23│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by archeage gold   2014年09月16日 02:45
i can discover many great answers basically have any trouble!
2. Posted by cheap archeage gold   2014年09月16日 11:10
I've been through this !
3. Posted by プラダ バックパック   2014年11月11日 03:00
侵害違反plagorismまたは著作権の| 問題問題あなたがいずれかに実行するのですかそんなに サイコーでは?私自身、または外部委託作成執筆が、それは思える私はどちらかしたコンテンツブログをたくさん持っていることの多くはある 私なしで|インターネットウェブすべての上にポップアップ。何か知っていますであることから、コンテンツを助けるためにメソッド解決方法を防ぐ?私は確かに本当にと思い、それを感謝しています。
プラダ バックパック http://colegiocgdlatacunga.com.ar/css/prada/20141107170552-71xs.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索