カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2010年10月14日

ドル売りの受け皿!!!

>>>人気ブログランキング【入口】



市場筋の注目株はブログランキング






さーブログ読者皆さんに投資クイズです


このチャートの中で、ドル円はどれでしょうか


?為替もろ

【ドル円はどれだ!?】




「そんなのすぐにわかるよ」と思いつつも、チャートを見て「あれ?」と思った人がいるでしょう

上記のチャートは、

?=ドル/スイス・フラン
?=ドル/シンガポールドル
?=ドル/オーストラリアドル
?=ドル/ユーロ
?=ドル/カナダドル
?=ドル/円




ドル円を含む、対各通貨の米ドル相場です


一般解説では「超円高」なんて表現をするところもあるようですが、上記チャートを見てわかる通り、世界中で駆け巡るお金の流れ円買いではありません米ドル売りです。


今日14日、この米ドル売りを衝撃的に加速させた要因、しっかり把握していますか???


そのキーになるのは、上記チャートのうち「2=ドル/シンガポールドル」です


本日14日、シンガポール政府当局が「シンガポールドルの政策バンド、世界的なボラティリティを踏まえ小幅拡大へ」と述べたことで、米ドル売りが加速したのです


つまり、簡単に言ってしまえば、米ドル売りの受け皿にシンガポールはなりますよ、と世界に宣言したのが今日14日のシンガポール政府当局の発表です


これを受けて、市場にジャブジャブ余っていたお金が、一気に米ドル売り/シンガポールドル買いへと走っています


?1014ss

【容認で急落!!!】



更にわかりやすく箇条書きにすると・・・


■シンガポール政府当局 → シンガポールドルの上昇容認


■ドル売り/シンガポールドル買い → ドル売りの受け皿になる = お金の受け皿になる


■ブラジル、その他の国が自国通貨高を抑制しようとする → 結果としてドル売りの受け皿が円に向かいやすかった


■シンガポールドルがドル売りの受け皿になるとすれば、ドルキャリーは止まらない



このような動きが起こったのが今日14日の動きです


一般的には「シンガポールドルが受け皿になるのであれば米ドル売りが加速するだろう」と思うところですが、ここに一癖あるのが市場です


今まで、ファンドマネージャーはドル売りに対する受け皿として、流動性を保つためには、相手先が必要です。その相手先を考えると・・・


ユーロ=まともに買うなんて無理無理。アイルランドがあるでしょ、その他も考えると・・・買えたもんじゃないよ


豪ドル=資源、中国はいいけどさ、これ以上買えるの???国家規模もそれほど大きくないよ。


スイス=円と同じディフェンシブ通貨で好むけど、ちょっと待てよ、ユーロ圏と近いじゃないか!大丈夫か?国も小さいし流動性が・・・


このように悩みに悩む環境で、シンガポール政府当局が通貨高容認したことで、「やっときたか!」とドル売りの受け皿にするでしょう


つまり、ドルを売り人は全員集合!みたいな状況で、まさに小さなドアへ数百万人の人が殺到したような状況なのです









こういった動きというのはピークアウト場面でもよく見られるもので、後からみれば「あれがピークだったねぇ・・・」となる可能性もあるのが市場です


投機筋のドル売りは、ユーロ、円、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドルを対象としたポジションは08年6月以来の高水準で、まさに誰もがドル売りポジションを持っているような状況です。


そして、10月は●●●●●●(伏字はブログランキングに掲載)、11月末の決算に向けてポジションキャッシュ化、ファンドマネージャーは自分の利益を確保すりゃ報酬としてかえってくるので決済し始めるシーズンです。


まさに世界の中心がドル売りですから、●●●●●●(伏字はブログランキングに掲載)以降から、ヘッジファンドのポジション巻き戻しでドル買戻しシナリオが起こってもおかしくないでしょう。



iriguchi

※注意 ブログランキング銘柄はブログ更新後しばらくたってから更新されます。



誰もが「円高で株が売られない、だから強気なんだ」常勝軍団メンバーにとって今さらなキーワードをかざし始めていますが、誰もが「出遅れ日本株買い」なんていい始めれば終焉が近いのは相場の歴史が語っています。


思い出してください。


相場の物色の波は大型株から始まり、関連の中型株へ流れ、次に小型株や新興株が動き、最後に出遅れ株やボロ株が動きます。今の日本株はどういう位置付けか???もっとも出遅れていた日本株が買われ始めたというのは、世界市場の物色が最終局面に入りつつあるということ、マスコミは誰も言いませんがしっかり意識しておきましょう


さて、明日15日の注目株はブログランキングに掲載します




【アンケート実施中!!】




$株式常勝軍団-12



投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない! 投資顧問のアイリンクインベストメント|発信だけじゃない!   投資顧問のアイリンクインベストメント|投入だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|買い建てだけじゃない!  投資顧問のアイリンクインベストメント|株式だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|優しいだけじゃない!




cpiblog01561 at 22:52│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索