カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2013年03月

2013年03月29日

投資顧問のアイリンクインベストメント

三角持ち合いだけれども、どちらに抜けるか??



おねがい



本日のチャートはコチラ!!
5585


ちょうど今タイムリーかつ、ホットなこの指数

4時間足で2月25日から三角持ち合いというわけで、イタリアの政局がらみのネタが一発出るかどうか?というとこかな

2月25日は、イタリア選挙でベルルスコーニがまさかの優勢という報道が伝わって、急落がきたのだけれども
何事もなかったかのように、上昇し今度はキプロス問題で下落。

そして、今回の持ち合いの最終局面。

どちらに抜けるか??

注目です


チャートの正体は、
答えはブログランキングに掲載しておきます


2




マネトレ!日経225コース詳細・お申込みはこちらから

02



春の株式講演会開催のお知らせ

バナー



cpiblog01561 at 15:50|この記事のURLComments(3)

2013年03月28日

投資顧問のアイリンクインベストメント

下落率90%!



おねがい



本日のチャートはコチラ!!
AAAA



デフォルトリスクがさまざま市場でありますが、市場が消えない限りこれがゼロにならない。

例えば、とある市場では89%の大幅下落をしたもののその後に14000を超えたりするものです。
倍率にして350倍となったわけです。

ロシアやアルゼンチンもデフォルトしましたが、その後は爆上げでした。

ロシアは高値から93%でデフォルト底。
アルゼンチンは高値から78%の下落でデフォルト底。


年足


この市場も高値から93%下落。

さぁ、どうなるでしょうか??

チャートの正体は、
答えはブログランキングに掲載しておきます


2




マネトレ!日経225コース詳細・お申込みはこちらから

02



春の株式講演会開催のお知らせ

バナー



cpiblog01561 at 16:44|この記事のURLComments(6)

2013年03月27日

投資顧問のアイリンクインベストメント

2008年からの上昇トレンドは終わった??



おねがい



本日のチャートはコチラ!!
98

2008年からの安値から引く上昇トレンドラインを2度維持してきたのですが、

今回割り込んできてしまいました

これ、サポートされるかと思いきや

割り込み・・・・・・


本日の値動き次第では、大きく割り込むかもしれませんね

ということは、おそらくあれが強くなる

と同時に、アレは弱くなりますよね

そうなると、あれ??

円は

となります


とにかく、画像の正体がわかればある程度の資金の流れはイメージがつくのではないでしょうか??

クリックして調べることお勧めします


答えはブログランキングに掲載しておきます


2




マネトレ!日経225コース詳細・お申込みはこちらから

02



春の株式講演会開催のお知らせ

バナー

cpiblog01561 at 16:30|この記事のURLComments(2)

2013年03月26日

投資顧問のアイリンクインベストメント

底打ちなるか!!



おねがい



本日のチャートはコチラ!!
9



















ようやく長い下落トレンドから上昇に転じそうになってきた某指数です。

9999




































チャネルラインの特徴は、並行で引けるという特徴だけでなく、2と4を結んだラインの並行したラインを1から引いた延長上に底が見つかるという隠れた特徴があります。

それが、今回当てはまるかどうか??


注目です!!
もし、当てはまればこんな安値からの反転なので少なくとも半値戻しくらいは欲しいですね!!!

答えはブログランキングに掲載しておきます


2




マネトレ!日経225コース詳細・お申込みはこちらから

02



春の株式講演会開催のお知らせ

バナー

cpiblog01561 at 18:13|この記事のURLComments(1)

2013年03月25日

投資顧問のアイリンクインベストメント

なぜ日本は内需国になったのか??



おねがい



日本は1960年代から高度経済成長にともなって地方から都心に多くの方が移住しました。
その過程で、もともと核家族化比率が高い日本ではありましたが、大家族世帯から単身赴任という形を伴った核家族世帯が増加する事になります。
これらの出来事は、大家族世帯であればサザエさんファミリーのように、一家に一台あればよかった、クーラー、カラーテレビ、自動車が、親元を離れた子が現地で同じようにクーラー、テレビ、自動車を購入する消費拡大需要につながっていきます。

東京エリアでの仕事にも慣れてくると年功序列で所得が上がり、同時にローンの普及も伴いました。特に一生の買い物として住宅ローンを消費者が手にできた事は大きく、夢のマイホームのキャッチコピーの元、家を建てる事が目的化した時代がありました。
そうして、大家族世帯では普及しえなかった数量を、関東集中型都市圏とする事で消費を促しました。これは当時の政府・経済界の尽力と言えるかもしれません。

人が集まれば、地価が上がり、地価が上がれば資産効果と呼ばれる消費意欲の活性化につながります。そして、バブルははじけると、人々は関東から離れ、親元に戻りました。親元に戻ることは、すなわち現在使用している家、家電、などを放棄することになり、市中に中古品があふれることになります。
これが、値崩れを起こす要因となり、価格破壊と呼ばれるデフレへとつながりました。
世の中にカラーテレビや洗濯機、冷蔵庫はあるのが当たり前であり、在庫を抱えた業界はいかにコストカットするか?に焦点が向かいました。

コストカットの延長は人件費に向かいましたし、不良債権を抱える銀行が保有する株を手放すために株価が下がり、人々の積極的な投資も控えられ停滞感が蔓延したのです。

現在はビジネスモデルも多様化し、在庫を抱えるビジネスというものが以前に比べて減りました。
それはコンピュータの普及によってもたらされ、IT技術の発達によって今後景気循環がなくなり企業の生産性は飛躍的に向上し、同時にインフレもデフレも起こらない経済がくると考える、ニューエコノミー論をも生み出しました。

在庫の増減によるチキン波である40カ月サイクルは、企業在庫が積み上がれば景気が天井を打ちそれを境に景気後退に入るとされていますが、現在ではその定義すらあいまいなものとなっています。
在庫を抱えないビジネスモデルが構築されたことや、IT技術の向上、グローバル化が要因とされ、在庫が蔓延して景気サイクルが終焉するという見方は意味をなさなくなりました。

中国でも現在多くの在庫を抱えていますが、まだ成長を続けています。それは、お金が絶えず生み出されているからです。中国の場合においても、中央政府の管理下に置かれない形で、市中にシャドーバンキングが普及しており融資を拡大させています。今後、日本の消費者金融が中国に拡大路線を敷くようなので(これはきっと高値掴み)まだ普及するでしょう。

気をつけなければならない事は、こうした融資を拡大させようとする投資意欲が急激に冷え込んだ時、この時は一気に景気の腰折れが始まります。
日本でも現在、ようやく融資が拡大を始めています。これから、どこまで拡大できるか?注目しています。

886657_535634186487573_1987512900_o




2




マネトレ!日経225コース詳細・お申込みはこちらから

02



春の株式講演会開催のお知らせ

バナー

cpiblog01561 at 16:15|この記事のURLComments(1)
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索