カリスマ投資顧問アイリンクインベストメントによる日経225先物ブログ

このブログはユーザー参加型のエンターテイメントを体験できるブログです。

このブログで紹介している『アイエルアイインデックス』は
機関投資家向け情報端末のブルームバーグから、
ヒストリカルデータを50年以上遡って拾い出し、
様々な条件を組み合わせて算出したデータとなります。

2010年09月

2010年09月30日

投資顧問のアイリンクインベストメント

相場の因果関係をお教えします

>>>人気ブログランキング【入口】



市場筋の注目株はブログランキング





今日の相場解説、相場の本質はブログ後半で解説しますが、まずはこの質問から・・・


『Qあなたは、以下のうち、どれにあてはまりますか???』



A:上がったら売る、下がったら買う


B:上がったら買う、下がったら売る


C:上がったら押し目を待つ、下がったら戻りを待つ



相場に応じるという意味の応えは・・・


『ズバリ、全部正解』です。


相場に答えはありませんので、どの選択肢でも正解になります。


しかし!


A、B、Cを選択した『要因』を明確に把握・判断・決断ができる人はかなり少ないものです


要因が明確じゃないのに、行き当たりばったり、まぐれ当たりで得た果実は永遠に続きません


今日の相場が下げた材料の解説は山ほどありますが、誰も”下げて戻らなかった相場の本質”は言わないんですよね、いえ、きっと知らないから・・・言えないんですよね


なぜ今日の相場は下げて一度も戻ることがなかったのか???誰も指摘しない相場の本質、仕組みをこのブログでは解説しましょう



Hさんがズバリ斬る!!


相場の上下には、かならず『因果関係』が存在します

株価が下がったなら、大口投資家の売りが出た=需給の変動があったのか、材料があっての下げなのか、かならずといって言いほど、それに見合う理由があるものです



では、今日の市場がなぜ下げたのか?この因果関係を明確にすると、アイルランド懸念による日経先物売り、為替円高もありますが、それ以外にも「期末要因のヘッジ売り」が存在します

「期末要因のヘッジ売り」は、決算月の締め日にあたる本日は旗艦投資家等も動き難く、下げ足をはやめると機敏に対応ができないため、日経先物にヘッジ売りを出すものです

ヘッジ売りの目的が「期末要因」である以上、株価が100円下げようが200円下げようが、目的が期末をまたぐことであるため、誰も買い戻しません

?日経

【買戻しは入らない!!】


もう一つの因果関係は、アイルランド懸念材料を受けて「日経先物売り/為替円買い/債券買い」のポジション取りがみられたことです

日経先物だけを売る動きではない以上、為替の円安、債券売りが出ない限り、日経先物が戻るわけがないのです


?複合

【ポジション取りに変化!】


これらの因果関係がわかっていれば、常勝軍団メンバー向け助言のように、相場が戻り難いことを即座に情報提供できるんですよね


?ヘッジ

【即座に分析を掲載!!】


投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない!



なんでもかんでも材料で下げたと結果論ばかりの市場解説ですが、相場が動いた先にはかならずこれらの因果関係が存在します


では、ここで最後に明日の相場にかかわる重要なヒントを秘めたクイズです


明日10月1日の相場は、因果関係でみると、どう動くと思いますか???


【相場予測アンケート実施!!】



ヒントは、言うまでもなく本日30日の相場下落の因果関係である「期末要因のヘッジ売り」「ユーロ懸念をきかけとした為替/株/債券のポジション」です

明日10月1日の重要ポイントになりますので、このヒントと明日の注目株をあわせてブログランキングに掲載します






iriguchi

※注意 ブログランキング銘柄はブログ更新後しばらくたってから更新されます。






$株式常勝軍団-12



投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない! 投資顧問のアイリンクインベストメント|発信だけじゃない!   投資顧問のアイリンクインベストメント|投入だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|買い建てだけじゃない!  投資顧問のアイリンクインベストメント|株式だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|優しいだけじゃない!




cpiblog01561 at 18:02|この記事のURLComments(0)

2010年09月29日

投資顧問のアイリンクインベストメント

一般報道では解説しない「情報戦」の裏側

>>>人気ブログランキング【入口】



市場筋の注目株はブログランキング




読者の皆さん、この銘柄が乱高下した理由、知ってますか???

?任天堂

【この理由は分かりますか!?】


『材料出尽くしの動き』

『事前に買われていたから』


任天堂3DS発売の材料を理由としてこのような解説が市場からは聞こえてきますが、
ズバリ、発表内容云々は一切関係じゃありません。


これは、一般報道じゃ誰も指摘しない、いや誰も指摘できない『プロが仕掛けた情報戦』です


孫子の教えに「彼を知らず己を知らざれば戦うごとに危うし」 とあります。







情報の重要性を示している言葉ですが、市場でも「(情報を)知らなかった・・・」じゃ済まないプロが仕掛ける情報戦が存在するのです


今日は、一般報道では解説しない「情報戦」の裏側をこのブログ限定で解説します


Hさんがズバリ斬る!!



まずは、常勝軍団メンバー向けに掲載していた7974ニンテンドウの買い注目情報、
あわせて速報情報決済タイミングの情報分足チャートとあわせて見てください

?連続コメント

【随時情報を配信!!!】


さて、この一連の情報提供が常勝軍団メンバー向け助言の最大の強みですが、この中に重要なヒントが潜んでいること、気付いていますか???


その重要なヒントとは、機関投資家レベルの情報端末で速報情報として入った「ニンテンドウ3DSは10月28日発売」の情報です。

?うそ

【この速報に良く見ると!?】


しかし、実際に発表されたニンテンドウ3DSの情報は・・・

?誤報

【実際の内容はこれ!!】


つまり、14時30分台からの急騰は、機関投資家やファンド等が導入し、弊社も導入する金融情報端末で流れた『誤報』なのです

この『誤報』をきっかけに、年内に販売決定の要因から7974ニンテンドウ株にはディーラーと思われる大量の買いが入ったのが急騰の要因です

?任天堂ちぇっく

【誤報からぶっ飛び!】


そして、次に機関投資家レベルの金融情報端末では・・・

?上方

【訂正の情報が端末に流れてくると!?】


そう、14時30分台に流れた速報情報が「訂正」として、未発表であると速報情報を流したのです


結果的に『誤報』だった情報を要因として、仕掛けを入れたであろう短期筋や機関投資家のような買いは全くのムダになり、


『誤報』を認める訂正情報が流れたことで、買いを入れていた投資家達の投げ売りが始まり、売りが売りをよんで株価は急落となったのです

?任天堂ちぇっく2

【売りが売りをよぶ展開に!!】


任天堂3DSの発表内容が来年に遅れたこともありますが、任天堂の発表内容云々に関わらず、誤報で仕掛けを入れた買い方の投げがトレンド、需給を崩し

材料の良し悪しは関係なく「(材料は)ダメなんだ」と値動きをみた大衆の投資家が判断して、
見事に材料関係なしの暴落をつくりあげたのです


まさに、相場格言『需給はあらゆる材料に優先する』のとおり、投資家心理によって材料関係なく動く市場の動きを示しているでしょう

?任天堂ちぇっく2

【材料関係なしの暴落!!】


「材料関係ないじゃないか!」「そんなの知らなかった!」”情報格差”と感じられた方もいるでしょうが、情報格差があるのが市場です

皆さんは一人で投資しているのではありません

皆さんの画面を通した向こう側には、今回の一般に知られていないであろう情報を常勝軍団メンバーに提供し、デイトレード情報の絶好の利食いタイミングと情報提供した我々のようなプロの投資家が存在するのです

もちろんですが、今回の7974ニンテンドウのように、常勝軍団メンバーには助言はもちろんのこと、速報情報、情報だけじゃない分析と、プロレベルの情報提供に最大限注力しています

だからこそ、常勝軍団メンバーからこういった声をいただくことが、弊社スタッフの最大の喜びでもあるんですよね

?ヘルプ



今回は短期筋の売買で上下に振れましたが、結果として、『誤報』というプロレベルの情報戦を知らなければ、運以外で勝つことは難しいでしょう。しかし、これも市場の姿で、多くの投資家が心理で動き、動いた方向で材料の良し悪しを判断してしまうという市場の心理を示した重要な例です


だからこそ、『誤報』であれ『未開示情報』であれ情報を知り、そして情報を活かすプロの投資助言が重要と思われます


さて、プロがみる明日の注目株は・・・ブログランキングにズバッと掲載します



iriguchi

※注意 ブログランキング銘柄はブログ更新後しばらくたってから更新されます。







$株式常勝軍団-12



投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない! 投資顧問のアイリンクインベストメント|発信だけじゃない!   投資顧問のアイリンクインベストメント|投入だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|買い建てだけじゃない!  投資顧問のアイリンクインベストメント|株式だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|優しいだけじゃない!




cpiblog01561 at 20:54|この記事のURLComments(0)
投資顧問のアイリンクインベストメント

【ザラ場特別更新】相場観コメント

>>>人気ブログランキング【入口】



市場筋の注目株はブログランキング





【お知らせ】
現在、弊社の【ザラ場実況中継ツイッター】は、twitter社側のサーバエラーにより閲覧し難い状況が続いています。ご迷惑をおかけしておりますが、ザラ場中のリアルタイム情報は株式常勝軍団ブログに同時掲載いたします。



■相場のまとめコメント(有料版)アイリンクプレミアムボードより抜粋)


今の相場は何なのか???

主流は、世界的な金融緩和を催促する相場、金融緩和が底辺にあります。だから下げ相場にはならない政策相場。


では、今日の下げは何なのか???


期末要因で機関投資家等の動きが鈍くなりやすい、その期間を狙った短期筋の仕掛けでしょう。上もに下にも仕掛けを入れて値幅を取るのが彼らの目的ですから、下げたから弱気、上げたから強気、この過剰な順張りだとヤラレる相場というのが私の見方です。


今朝方から上昇に懐疑的でしたが、下げたからといってここから弱気で連呼するわけじゃありません。短期筋の仕掛けが濃厚である以上、下げて売り追撃とすると、上昇で強気になる大衆派と同じです。


私は、この場面で指数よりも下げ幅が小さい、指数より強い銘柄を目で追っています。


では、狙うべき強い銘柄とは・・・!?



iriguchi

※注意 ブログランキング銘柄はブログ更新後しばらくたってから更新されます。









$株式常勝軍団-12



投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない! 投資顧問のアイリンクインベストメント|発信だけじゃない!   投資顧問のアイリンクインベストメント|投入だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|買い建てだけじゃない!  投資顧問のアイリンクインベストメント|株式だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|優しいだけじゃない!




cpiblog01561 at 10:30|この記事のURLComments(0)

2010年09月28日

投資顧問のアイリンクインベストメント

プロが狙う不動産株のわけとは

>>>人気ブログランキング【入口】



市場筋の注目株はブログランキング





『不動産が上昇率トップ。日銀が追加金融緩和の検討に−』

今日28日の東証業種別値上がりランキングNo.1不動産株。確かに、日銀の金融緩和観測が後押しとなりましたが、では、今日28日までなぜ不動産株が高かったのか???


実際に、不動産大手8802三菱地所日経平均を比較したチャートをご覧ください


?複合



不動産株は、日経平均を大きく大きくオーバーウェイトしている、つまり日経平均なんて関係ない、下げれば欲しい投資マネーが流入している可能性が高い、この本質には、マスコミ、一般の相場解説は誰も触れません。


さぁアナタ不動産株の裏にある投資マネー流入、この本質を知っていますか???今日のブログでは、誰も指摘しないこの本質についてズバッと解説しますビックリマーク


Hさんがズバリ斬る!!


常勝軍団メンバーには、アイリンクモーニングストラテジーにてズバッ不動産株に注目と助言コメントを掲載しています


?ケネ

【事前分析はドンピシャ!!!】


しかし、不動産株に狙いを定めたのは、日銀の金融緩和の恩恵を受けるというごくごく一般的な見方だけじゃありません。こんなの投資家であれば当たり前のことです。この材料だけじゃ「多数派」の仲間入りで、相場格言『飛びつく魚は売られる』になりかねないでしょう。


飛びつく魚は売られる
相場は飛びつくものではなく、網を張って好機が訪れるのを待つべき性質のものだ。飛びつき売買は損のもと。

では、なぜ不動産株が高いのか???強気なのか???


答えは簡単、相場格言『需給はあらゆる材料に優先する』のとおり、新たな投資マネーが不動産に向かっているからです。


『9月22日:基準地価の懸念報道は一切無視!買いで狙え!!!』にもヒントを掲載していますが、日本人が不動産価格が下げ止まった、下げ止まっていないという不毛な議論をしている間に、外資マネーはどんどん不動産市況へ流れ込んでいます。


弊社が導入する機関投資家レベルの金融情報端末で、弊社が知りえる限りの情報を並べると・・・


シンガポール政府系ファンドが800億円規模の日本特化型不動産ファンドを設立へ


シンガポール拠点の物流不動産ファンドが東京の物流不動産で約6億ドル運用へ


グロー

【外資マネーも日本の不動産へ】


投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない!



何度も繰り返される日銀の金融緩和材料だけじゃない、このような外国人投資家の動向を知りえるからこそ、常勝軍団メンバーには不動産株に強気助言を繰り返しています。常勝軍団メンバーの方からは、こんな嬉しいコメントもいただいています


?ヘルプ




中国の不動産は、当局の引き締め懸念、引き締め策で投資マネーを向けれる状態じゃない。

米国の不動産は、リーマンショックから引きずる不動産バブルの崩壊後の処理が続き、まともじゃない。

新興国の不動産は、値上がりしてきたことで金融引き締めや不動産価格抑制策が発動されて投資できる状態じゃない。


では、あまったお金を向けるのはどこか???


数十年来、放置されてきた日本の不動産に金余りのホットマネーが向かうというシナリオの可能性が高いでしょう。

一般解説や個人投資家さんの多くは、「今から上げる可能性が高い」銘柄やセクターを追いかけますが、機関投資家や我々のような投資のプロは「下がる可能性が小さい」銘柄やセクターを狙うのがセオリーなのです。まさに、不動産株はホットマネー流入で、国内の弱気論を相場の肥やしとして、踏み上げ相場へと発展していく可能性が高いでしょう。


不動産株の強気銘柄は、本日28日のブログランキングに特別掲載いたします





iriguchi

※注意 ブログランキング銘柄はブログ更新後しばらくたってから更新されます。





$株式常勝軍団-12



投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない! 投資顧問のアイリンクインベストメント|発信だけじゃない!   投資顧問のアイリンクインベストメント|投入だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|買い建てだけじゃない!  投資顧問のアイリンクインベストメント|株式だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|優しいだけじゃない!




cpiblog01561 at 21:44|この記事のURLComments(0)

2010年09月27日

投資顧問のアイリンクインベストメント

注目すべきは今日ではなく明日!!

>>>人気ブログランキング【入口】



市場筋の注目株はブログランキング






『ドル円が84円台と円高水準なのに、株価の連動性は低く−』


公共の電波で繰り返される相場解説ですが、今日27日の市場を円高と株価で測るのは、実際に投資したことがない素人のすることで一切無視です。


今日27日の日本株が強かったのは、為替も海外も関係なし「9月権利付き最終売買日」にあたる3月期・9月期決算銘柄の配当権利を取る最終日だからです。今日27日の相場解説は以上!明日以降の未来予測ではなく、過去のことを知りたい方は一般解説やニュースをご覧ください。


ブログランキング1位だからこそ当ブログでは、明日28日の相場を『明日の投資新聞』として、プロの相場分析を初心者でもサルでもわかる解説をズバッとしていきましょう







『明日の投資新聞』での内容は、


・日経平均は明日28日に9月配当落ち分が消滅する
・配当落ち分が消滅することで配当分下落で取引が開始される
・配当落ち分は市場から流出したマネーと同じ
・配当落ち後は配当分を埋める/上回るだけの買いが入るかがキーに
・上記は機関投資家等の動向を見る重要なポイント



新聞のようにズラリと難しい話ばかり並べましたが、こんな難しいことは一切必要ありません。


重要なキーワードは「配当落ち分を埋めるか否か」だけです。これをわかりやすく表すと・・・



あなたは以下のA,Bの商品のうち、どちらを買いたいでしょうか?


A:20円キャッシュバックの缶コーヒー


B:キャッシュバックなしの缶コーヒー









A、Bと同じ商品であれば、誰もが「A:20円キャッシュバックの缶コーヒー」を選ぶでしょう。これを日経平均にあてはめると・・・



A:配当権利付きの日経平均


B:配当権利なしの日経平均



さて、どちらを買うでしょうか???

もちろん、缶コーヒーのようにAもBも同じ日経平均ですから、「A:配当権利付きの日経平均」を買う人が多いでしょう。

しかし、明日28日からはAが終了、おのずと「B:配当権利なしの日経平均」となります。

もちろん配当分は安くなって買えるわけですが、目先の現金収入である配当権利がなくなった日経平均には株価以外の付加価値がつきません。



仮に、日経平均が人気のある缶コーヒーなら、相場全体は更に上昇加速する可能性が高く、あぁやっぱり人気がない=買いが入らない・・・となれば相場全体は調整ムードが強まるでしょう。


明日28日は、機関投資家のような大口投資家が、配当権利が消滅=付加価値が消滅した日経平均でも尚買いを入れてくるのか、それとも付加価値なしの日経には買いを入れてこないのか、今の日本株に対する投資スタンス、マネーの流れが重要なポイントになる日です。


難しい考え方は抜きにして、まずは明日28日のキーワードとして覚えておいていただければと思います。


仮に、配当権利が消滅にした日経平均に、関係なく買いが入るなら、もちろんマネーが向かうのは○○○○○で、その中での注目株は重要キーワードとあわせてブログランキングに掲載します



iriguchi

※注意 ブログランキング銘柄はブログ更新後しばらくたってから更新されます。



明日28日は、新たな相場スタートのトレンド転換日となりやすい日です。新興株8564武富士云々言ってる場合じゃありません、次なる相場の流れ、お金の流れでしっかり勝負していきましょう







$株式常勝軍団-12



投資顧問のアイリンクインベストメント|情報だけじゃない! 投資顧問のアイリンクインベストメント|発信だけじゃない!   投資顧問のアイリンクインベストメント|投入だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|買い建てだけじゃない!  投資顧問のアイリンクインベストメント|株式だけじゃない!投資顧問のアイリンクインベストメント|優しいだけじゃない!




cpiblog01561 at 19:47|この記事のURLComments(0)
人気ランキング
ブログランキング
アイリンクインベストメント
投資顧問

アイリンクFacebookページ
投資顧問
株ブログ
株式常勝軍団
FXブログ
FXblog
社長ブログ
岩本壮一郎の「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」
福岡財務支局(金商)第11号
有価証券の価値判断業務を行うことが出来るのは、金融商品取引業者だけです。投資顧問のアイリンクインベストメントは、福岡財務支局に登録した金融商品取引業者です。
過去の記事一覧
記事検索